「夢なんて見ない…」「幸せ」

夢に向って精一杯生きるヒロインの頑張りを通して、人は誰でも広い世界や輝かしい未来に羽ばたくための魔法の“つばさ”を持っていることを、多くの人に気づいてもらいたいとの願いがこのドラマには込められています。

環境の汚染、偽造、詐欺、監禁、戦争、家庭の崩壊、貧富の格差、先の見えない老後…暗い言葉はたくさん出てきますね。
世の中には夢も希望もなく、不幸な気分が満ちあふれているようです。
しかしこのような状況だからこそ、ドラマで「幸せ」をなんとか伝えようとされています。
本当に人を「幸せ」にする魔法のようなものはないのだろうか。
そう考えることが、このドラマのはじまりでした。
原作者

悲しいことにヒロインの“つばさ”は、「夢なんて見ない…」とうそぶく老成した若者の設定です・・ですが、これからが彼女の人生のはじまりです。

ドラマでは“つばさ”はコミュニティー放送という新しい世界に飛び込んで、未来への夢に気づきますが・・私達は・・

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログアフィリエイトとメルマガで稼ぐ戦術と思考
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。